MONTH

2019年5月

  • 2019年5月28日

「愛の悲劇」人生はすれ違いの連続か?オペラの醍醐味が詰まった傑作 プッチーニ「トスカ」

  「トスカ」はプッチーニの最も有名なオペラの一つであると同時に、彼自身の絶頂期の作品です。 俗に言うプッチーニの三大オペラがそれですが、作曲年代もほぼ同じで、「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」に優るとも劣らない充実度満点の魅力作なのです。 このオペラはエキサイティングなストーリー展開や胸を打つ叙情的な雰囲気が印象的です。随所に現れる感情表現、情景描写もプッチーニならではで魅力的です。 オペラ […]

  • 2019年5月20日

感性を磨く5つの方法 以心伝心で自分を表現する

心を開く まず感性を磨くために絶対に必要な条件はこれでしょう。 心を開くとは、気持ちをオープンにするのはもちろん、様々なことに関心を持ったり、あらゆるものを吸収できる心の下地をつくることです。 心を開くと、今まで見えなかったものが見えてくるようになります。それは視野が広がり、見通しがよくなるからなのです。 そもそも心を開かないことには発想が湧きませんし、思考が停止状態になってしまいますね。 すべて […]

  • 2019年5月14日

深い哀しみが到達した無上の美しさ モーツァルト 交響曲第40番ト短調K.550 

あふれる涙と研ぎ澄まされた感性 交響曲第40番ト短調は昔から人気が高くポピュラーな作品です。 モーツァルトといえば、「アイネ・クライネ・ナハトムジークがいい」と言う人もいるでしょうし、「やっぱりフィガロの結婚だね」という人もいるでしょう……。 でもなぜか気になり、忘れられないのが交響曲第40番ト短調です。特に有名な第一楽章の第一主題のテーマは一度聴いたら忘れられない衝撃を受けることでしょう。 この […]

  • 2019年5月11日

感性は心のフィルター! 人としての魅力を何倍にもひろげる

感性とは?   皆さん、「感性」という言葉をよく耳にされると思います。 でも今一つ言葉の意味が「わかるような、わからないような……」という方も多いのではないでしょうか。 一般的には物事を心に深く感じ取る働き、感受性という意味を指すようです。 「感性が鋭い」「感性が豊かだ」という表現でよく使いますよね。 でも私は感性とはとても奥が深く、人間が生きる上で何よりも大切で身につけるべき能力だと思 […]

  • 2019年5月3日

詩的な雰囲気、息をのむ美しい映像と音楽 映画「シェルブールの雨傘」(1963年フランス)

全編セリフを音楽で表現 「シェルブールの雨傘」は1963年に公開されたフランス映画です。 すでに公開から半世紀以上の年月が経っているのですが、今もその存在は輝きを放っていて色褪せる様子がまったくありません。 2018年も国内各地の映画館でリバイバル上映されたようで、改めて人気のほどが伺えるようですね……。   この映画の特殊なところは全編に渡りセリフを音楽に乗せて歌うところでしょう。一言 […]