MONTH

2019年7月

  • 2019年7月26日

格調高い響きを古楽器の明晰なスタイルで実現! コレギウム・アウレウム合奏団「ヘンデル、合奏協奏曲作品6」

[btn][/btn] コレギウム・アウレウム合奏団と言えば、懐かしく思い出される方もいらっしゃるかもしれません…。1970年、1980年代に盛んに演奏活動を行っていたドイツのオリジナル楽器演奏の団体です。 スイス・バーゼルのスコラ・カントルーム合奏団と同様に、古楽器演奏の先駆けを築いた名室内楽団といえますよね。 偶然にも両者はヘンデルの合奏協奏曲作品6を得意とし、それぞれ録音を残していてくれたの […]

  • 2019年7月23日

穏やかで美しい自然の情景 コンスタブル「フラットフォードの製粉場」(1816-17)

オリジナリティが出にくい風景画 自然をテーマに描く画家はたくさんいます。 でも風景画はジャンルとしては比較的とっつきやすい反面、独自性やオリジナリティが出しにくいカテゴリーでもあります。 つまり、同じ風景を描けば、同じテイストの絵になる可能性が充分あるということですね。 それを避けるためには、セザンヌやブラマンク、ユトリロのように独自的な画法を編み出したり、こだわりを持つしかありません。 しかし、 […]

  • 2019年7月15日

会話には話し手の人柄がしっかり表れる! テクニックは二の次、三の次に

相手を尊重する言葉が基本   当たり前のことですが、一般的に人は会話を通じてコミュニケーションをとりますよね。 そのときに大切なのが言葉づかいです。 「言葉づかいで人柄なんて判断できるの!」とおっしゃる方もいるでしょう。「言葉に表れない本心もあるからね」とおっしゃる方もいるかもしれません…。 言葉は話す相手に対する想いや感情が無意識に出るものです。 たとえば相手を尊重する人の話には必ずと […]

  • 2019年7月10日

格別な癒やしと慰めの音楽 ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ

光と影と穏やかな温もり   ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」ほど、聴く時の気分によって曲のイメージが変わる作品はありません。 8年ほど前、中学の吹奏楽部で顧問をしていた高校時代の同級生が亡くなり、彼の追悼コンサートに参席しました。 その時、回想のシーンのバックで流れたのが、フルートのソロによる「亡き王女のためのパヴァーヌ」でした。 演奏も気持ちがこもって素晴らしかったですが、その […]

  • 2019年7月6日

オラトリオに活路を見出したヘンデルの最高傑作! ヘンデル「サウル」

  あらすじ サウルは神から遣わされた初代のイスラエル王だった。 そこに勇敢で、戦争では大きな手柄を立てる羊飼いの青年ダビデが現れる。すでに民衆はダビデを英雄のように迎えるのだった。 ダビデを息子のように愛していたサウルだったが、次第に神からも民衆からも支持され賞賛されるダビデに強い嫉妬心を抱くようになる。 その後サウルはアマレク人との戦いで神に反逆し、信頼を失ってしまう。それを受けて預 […]

  • 2019年7月1日

存在の本質にどこまでも迫る!  セザンヌ「リンゴとオレンジのある静物」(1895-1900)

  上手い絵と感動する絵は別物 絵を描くとき、モチーフ(描く対象物)の形や質感、陰影などに注意をはらって描き進めることは絵の基本で、美大受験時の王道といわれます。 いわゆる絵を描くときの基礎練習がデッサンから始まるといってもいいでしょう。 デッサンは思い込みではなく、正確に物を見る眼を養うことに重点を置いています。 つまり絵が上達するためにはしっかりデッサンを積み重ねて腕を磨く以外に方法 […]