MONTH

2019年12月

  • 2019年12月31日

劇場のあの感動が甦る!臨場感たっぷりのCD 劇団四季「美女と野獣」

劇場の興奮が眼に浮かぶよう   皆さん、映画や舞台のサントラ盤を聴く機会はありますでしょうか? おそらくどなたも、音楽が気になったり、感動した映画のサントラ盤CDを一度や二度は購入された経験があるかもしれませんね。 でもいざ購入して聴いてみると、「何か違うな…」と思ったことはありませんか。 そうなんです。サントラ盤は映画を見た人がそれを思い起こす記憶の道筋をたどるようなものですから、最初 […]

  • 2019年12月26日

感性が育まれるシチュエーションとは?  日々の生活で意識したいこと!

皆さんは「感性」という言葉を最近よくお聞きにならないでしょうか? 「感性が豊か」というように、一般的には物事を心に深く感じとるという意味で使われます。 以前の投稿で、「感性とはとても奥が深く、生きる上で何よりも大切で身につけるべきもの」とお伝えしました。 それでは、どのような状況で感性を膨らませたり、育むことができるのか…、そのことについて考えてみたいと思います! 自然に親しむ   &n […]

  • 2019年12月15日

「ブリヂストン美術館」が「アーティゾン美術館」へ いよいよ2020年1月18日開館!

生まれ変わって1月開館     長らく改装のために閉館していた東京・京橋のブリヂストン美術館が、2020年1月にアーティゾン美術館と名前を変えて新たに開館されることになりました。 以前からブリヂストン美術館の常設展示の充実ぶりには感心しておりましたし、街角のギャラリーのように気軽に入場できる敷居の低さも好印象でした。 また企画展も独特の視点やアイディアで開催されることが多く、ワ […]

  • 2019年12月8日

触れれば壊れそうなほど無上に美しいメロディラインとデリカシー。 シューマン「女の愛と生涯」

アーティストを著しく選ぶ歌曲   シューベルトやショパン、メンデルスゾーン、シューマンなど、いわゆるロマン派の大作曲家の作品は、いずれも美しくデリケートなメロディラインが魅力的で、彼らの大きな持ち味になっていることがわかります。 中でもシューマンは美しい旋律とロマンチックな感情の表現、余韻など、ロマン的な気質のすべてを持ちあわせた人といえるでしょう。 シューマンの作品は瞬間的なきらめきや […]